ホームスクールの特徴レッスンコース一覧入会・体験アクセスお問合せ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitter動画ページへ

楽器をお持ちでない方もレッスンに参加できます!無料体験レッスンはこちらから→

サックス教室
ギター教室
ドラム教室
ベース教室
キーボード ピアノ教室
ボーカル教室
ラッドミュージックスクールとは開講コース一覧&レッスン料金レッスン紹介動画一覧無料体験レッスン・入会について講師紹介柏本校講師紹介横浜校講師紹介
学長あいさつ柏本校ディレクターあいさつ横浜校ディレクターあいさつ
よくある質問お問い合わせ
支店案内 柏校横浜校マレーシア・クアラルンプール校

お問い合わせ

横浜音楽教室ラッド横浜大口校 地図 横浜音楽スクールラッド横浜大口校の住所


横浜 音楽教室ができるまでの記録

【横浜に教室と音楽用の防音室ができるまでの記録その6(横浜大口校)】

その5」に引き続きスクールや防音室のあれこれをランダムに語ります。機材と内装、そして吸音について語ります。

【横浜大口校開校!】


2017年4月1日、横浜大口駅前に無事スクールを開校することができました。ここまでたどり着くのに数え切れない方々の協力がありました。感謝します。

さて、内装をどのようにするかを考えていくのもスクール業務において楽しい部分なのです。

まずは音楽スタジオなのでもちろん機材がないことには何も始まらない。各種アンプ類、PA機材、ドラムセット、ピアノ、キーボード、ギターやベース類、管楽器、PCなどなど。
PCは今ではカラオケ作成、レコーディング、Youtubeや音源の再生、インターネット接続など音楽を学ぶのに効率よく学べるもっとも大切なツールの一つと言えます。各スタジオに一つずつPCがないと成り立たないのも事実。経験上、ウィルスの少ないマッキントッシュのPCが主に重宝されます。

【PCの重要性】


一般のリハーサルスタジオにはこのPCがないところがほとんどだと思いますが、現代の音楽教室には欠かせないツールの一つがPCなのです。マックはヘビーに使ってもなかなか吹っ飛ばないので、ラッドではマックを全部で10台利用しています。WINDOWS系は1台しか使っていません。(どうしてもウィンドウズでしか動かないソフトがあり、それがなければもちろん全部マックにしたいところ)

マックは優秀で、クラッシュしたのは後にも先にもこの20年で過去に1回だけ。被害は最小でしたが。笑
皆さんはバックアップちゃんと取ってますか!?



(Studio AのPA機材等)
ラッド 横浜 AスタPA機材


早速Studio Aにて楽器の演奏やレッスンを行なってみました。うーん、まだ吸音をしていないので響きます。部屋の壁や鏡に残響音が残る。中低音域が特に耳に残る。1秒以上残る。これはもちろん部屋そのものというよりはドラム中やアップライトピアノの中に主に残響音が響いている状態なのですが、壁の吸音をすれば不思議なことにこれらの残響音も減るのです。

これから少しずつ吸音していくのですが、それが実は楽しみなのであります!

吸音って、案外壁にペタペタとウレタン類を貼っていくだけで成り立ってしまうんですが、その割合がとても重要。吸音しすぎると個人練習などをするときに体力をすぐに奪われがち。しなさすぎると生楽器やドラムを演奏すると一瞬で耳が痛くなり、音楽どころではなくなる。そのスタジオの利用目的に合わせねばならないのです。

どちらにしても多少の吸音は絶対に必要なのでこれから少しずつ実験しつつ吸音してみようと思います。

スタジオ的には決して広いとは言えませんが、バンドレッスンくらいはできるような広さなので、やはりバンド練習を想定した方がよいかな!?


最後になりましたが、はじめに申し上げた通り、防音や吸音には決して正解はないです。それを理解した上であなたのスタジオ環境づくりに役立ててみてはいかがでしょうか!?

あと数ヶ月してスタジオが完全に吸音が完成したときにまた記事をアップしたいと思います。それまで少々お待ちください。

あと、是非スクールに遊びに来てください。防音吸音について語り合いましょう!笑


つづく




※体験レッスンは2017年4月から受講可能です。事前申込受付中。お申し込みはコチラ。
※横浜大口校のオープンするまでの様子 その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 











Copyright (c) Rad Music School All right reserved.