ホームスクールの特徴レッスンについて入会・体験アクセスお問い合わせ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitteryoutube


 
宅間善之 (横浜大口校):

幼少の頃よりマリンバ奏者である父・宅間久善の影響を受け、マリンバを始める。高校在学中よりジャズに興味を持ち、マリンバと並行してビブラフォンを始め、ジャズ理論を村井秀清に師事。
 高校卒業後、アメリカのバークリー音楽院に留学。ビブラフォンを デイブ サミュエル, エドセインドン, ビクター メンドーサ、マリンバを三村奈々恵に師事。在学中に多数のコンサート、ライブ、レコーディングセッションをこなし、上原ひろみ、元晴(Soil & Pinp Sessions)等と共演。

2002年、Most Active Mallet Players Awardを受賞。2003年、同大学を卒業。
帰国後はライブハウスや有名ホテルでのパーティー、ラウンジ演奏などで活動する傍ら、スタジオミュージシャンとして氷川きよし、Rag Fair、クミコ、quasimode、手塚治虫アニメで冨田勲氏の作編曲によるレコーディングや、アーティストのライブサポート、実父である宅間久善のレコーディングとコンサートツアーにも参加し、楽曲提供も行っている。

2007年にはジャズの老舗ライブハウス『スイートベイジル STB139』への出演や、『瀬戸内寂聴訳「源氏物語」より詞劇 艶は匂へど・・・』に音楽担当として参加、好評を博す。これを機に実弟政彰と『MALLET×PIT』を結成、2枚のアルバムをリリース。  近年は自己のグループ「Vibrasonic」で作編曲も担当し、首都圏有名ライブハウスで活躍中。2013年10月には初のリーダー作として、ファーストアルバム『diario ~ディアーリオ~』を、2014年8月にはLIVE LAB.から「宅間善之 Vibrasonic」のライブDVDを発売、東名阪でのリリースツアーも大好評を博す。

女優 渡辺えりのコンサートツアーメンバーとしての活躍、ジェームス・ブラウン、ビリー・ジョエル、ポール・サイモンなどの編曲家としてグラミー賞を多数受賞したジャズピアニスト、デビッド・マシューズ、オカリナ奏者宗次郎との競演など、ジャズ、フュージョンを中心にラテン音楽、クラブミュージック、演歌、ヒーリングミュージックなどジャンルを問わずに精力的に活動している数少ないマレット&パーカッション奏者である。

●主な共演者(敬称略)●  菅原洋一、宗次郎、デビッド・マシューズ、渡辺えり、早見優、鈴木トオル、 北村英治、前田憲男、寺井尚子、小沼ようすけ、川口雷ニ、高橋ゲタ夫、大坂昌彦、TOKU、秋満義孝、松下誠、元晴・タブゾンビ・秋田ゴールドマン(soil & pimp sessions)、Cro-magnonなど。

■講師からのメッセージ
マレット(楽器をたたくバチ)の持ち方から譜面の読み方、アドリブまで、経験豊富な現役のプレイヤーがレッスンします。
・ 触ったことがないけど、カッコ良さそう。
・ みんなとは違う楽器がやりたい。
・ 小さい頃演奏したことがあるけど、ちゃんとレッスンを受けてみたい。
・ マリンバの経験はあるがジャズやラテン音楽でアドリブしてみたい。
・ 2本ずつマレットを持って4本で演奏してみたい。 始める動機は人それぞれ。まずは自分が楽しく、そしてみんなと楽しく演奏できるように一緒に「音楽」しましょう。