ホームスクールの特徴レッスンについて入会・体験アクセスお問い合わせ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitteryoutube


横浜ドラム教室写真横浜ドラム教室 富永写真
 

渡野辺良太(柏校):1989年1月10日生まれ。

幼少の頃より両親の影響で音楽に たずさわり、10歳の頃から本格的にドラムを始める。学生時代に古澤良治郎氏に師事。高校卒業後NYのDrummers CollectiveにてIan Froman、Kim Plainfield両氏に師事。帰国後はJazz、Funk、Fusion、Popsなど、あらゆるジャンルのバンドで活躍中。

趣味は旅行、ビリヤード、お酒。好きなマンガはドラゴンボール、バガボンド、ワンピース。





■講師からのメッセージ

譜面が読めなくても大丈夫です。少しずつ楽器に体が慣れていけば自分の好きなアーティストの曲も絶対にできるようになります! 僕が教えてる方ははじめはほとんど初心者としてくる方が多いです。 まずは楽器に触れて、体感してみてください!

 
   
 
 
 

山口さとし(柏校):ドラム

15歳からドラムを始め自身のバンド活動を開始し20歳の時にアメリカから来日したバンドD☆FROSTの関東ツアーでの全日程でバックドラマーとして出演。
以後サポートの演奏も開始。

22歳で大学を休学し、ドラマーの則竹裕之氏(元T-SQUARE)のもとに約一年間弟子入り。専属ローディーとしてプロミュージシャンの現場で様々なものを学ぶ。 自身のバンド活動時は、パスピエやChampagne(現Alexandros)等のバンドとの対バンライブも経験。
24歳から自身のバンドを解散させ、スタジオミュージシャンとしてドラム、パーカッションで年間100本以上のライブに出演中。 赤坂Blitsや恵比寿LiquidRoomをはじめとした屋内ホール系での公演や、厚木米軍基地、その他東北や関東での地方ロックフェスなどの野外公演にも参加。

また2014年〜千葉県立小金高校にて軽音楽部外部指導(ドラム)も開始。

2016年からはトルコのシンバルメーカー『Samsun Cymbals Japan』とエンドースメント契約を結ぶ。

山口さとしOfficial Homepage
http://puppychord2.wix.com/yamaguchisatoshi



■講師からのメッセージ

ドラム演奏する目的がどんな方でも、第一に『楽しんで』演奏をできる環境を作ることを目指しています! そこからなりたい自分のスタイルを見つけて一緒に近づいていきましょう^−^
どんな質問もいつでもどこでも受け付けています!わからないことがあればいつでも聞いてくださいね。 音楽は練習が大変なときもありますが、やればやるだけ楽しくなっていきます!

 
   
 
 
 

河野慎司(柏校): 1967年3月19日生まれ

高校の同級生とBREAKERを結 成。柏クレイジーホース、都内ライブハウスで活動。
高校卒業後、アンミュージックスクールへ入学。村上ポンタ秀一氏、長谷部徹氏に師事、その後長谷部氏のアシスタントを務める。

卒業後はスターダストプロモーション所属タレントとのバンドや三上寛氏デモレコーディング、加古隆氏CMデモレコーディング、FEEL、RRR、
THE SPOOKS、エイミーチャコール、CANNAなどのライブ/レコーディング等にて活動。1999年矢沢永吉氏のライブオープニングアクト。

現在はアンミュージックスクールで講師としても活動。一般の生徒の他に、元宝塚歌劇団月組トップスター彩輝なおさんへのドラム指導なども経験。

好きなアーティスト
ジェフ・ポーカロ、ジョン・ボーナム、マヌ・カチェ、スティーブ・ガッド、マイルス・デイビス、スティーリー・ダン、キッス、ピンクフロイド、スティング 他


 
 
 
 

嘉本信一郎(横浜大口校):ドラム

東京都出身。高校の吹奏楽団にてパーカッションをきっかけにドラムを始める。
卒業後故日野元彦氏に師事。
早稲田大学モダンジャズ研究会に入りレギュラーバンドのメンバーを務める。

その後北欧のジャズに興味を持ち、1996年にスウェーデン、デ ンマークへ渡り、ドラム奏者Anders Kjellberg氏に師事。プロ活動を開始。2010年に森泰人氏主宰の39thスカンジナビア・コネクショ ンに参加、スウェーデンのトップミュージシャンと日本ツアーを行う。
作曲も独学乍ら意欲的に手掛ける。デンマーク人ピアニストThomas Walbumとのトリオで2010年に発売されたアルバムには自 身の曲が3曲含まれており、その内の1曲でありアルバムタイトル 曲である「Tales From The Blue」はアルバムの最後を飾る曲として収録されている。

また、ISC等国内外の作曲コンペで賞を受賞している。

2011年にはThomasトリオでデンマークツアー&単身スウェーデンで森氏、現地ミュージシャン達と共演。
2013年フィンランド人サックス奏者Pekka Pylkka¨nen,アメリカ人ピアニストRoy Assaf等と横浜ジャズプロムナードで共演。
2014年フィンランド人ピアニストMarkus Niittynen Trioで日本ツアーを行い、2015年にT5Jazz recordより「Markus Niittynen Trio」をリリースし、レコ発ツアーを行い好評を得る。
2016年Markus Niittynen Trio 3度目の日本ツアーを行い、NHKセッション2016にも出演。
2017年アメリカ人ピアニストPeter Madsenとの中山英二Trio「How I Miss You」What's New Recordsよりリリース。

講師歴4年。これまでに小学生男子・女子から70代女性までのレッスン経験あり。

嘉本信一郎ホームページはこちら

■講師からのメッセージ

ドラムを叩くのは楽しいです。子供でも大人でも楽しいです。僕もずっと楽しんでドラムをやっています。
楽譜が読めなくても音楽の知識が無くても大丈夫!僕も最初は譜面も読めず知識もありませんでした。いつでも何でも気軽に質問して下さい。親切丁寧にわかりやすくお答えします。僕と一緒にドラムを楽しみましょう!そしてドラムで音楽を楽しみましょう!そして音楽で人生を楽しみましょう!ツインペダルもやってるよ!

 
   
 
 

ドラム横浜 富永岳海 写真富永岳海(横浜大口校): 1992年2月17日生まれ、 長野県出身

16才の頃から吹奏楽部でパーカッションを始める。その後上京し、神奈川大学に進学する。神奈川大学の吹奏楽部ではコンクールや海外遠征などメンバーに選ばれ各地で演奏活動を行う。
大学卒業後本格的にプロドラマーを目指し、ジーン重村、村石雅行に師事。

様々なセッションで活動を開始する。 現在関東を中心に様々なセッション、スタジオワーク等多方面で活躍中。


■講師からのメッセージ

ドラム(打楽器)ってめちゃくちゃ楽しいです!練習も本番も常に楽しんでやってます。
初心者大歓迎!! ロックやジャズのような様々なジャンルのドラム。クラシック、吹奏楽のコンサートスネア(打楽器)。スティックを投げたり回したりしながら叩くドラムコー。また譜面の読み方書き方、スティックの握り方から箸の持ち方まで全部一人一人に丁寧に教えます!