ホームスクールの特徴レッスンについて入会・体験アクセスお問い合わせ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitteryoutube


猪越尚平:1972年千葉市出身。11歳からギターを習いはじめ中学時代か らラ イブハウスなどで活動しながら18歳ごろにジャズにであい、その後ジャズギタリスト潮先郁男、 門下の森田勇氏に師事。以後ギタリストとして、東京、千葉を中心に多数のライブ、セッション、サントラ、レコーディングなどで活動中。

2009年、千葉県柏市にギター教室【ギタードープ柏】を設立。ギターレッスンを開始。柏に限らず都内や松戸、我孫子、野田、茨城より多くの生徒が集まる。2010年7月、ラッドミュージックスクールと合併し引き続きレッスンを展開中!ウクレレも教えている。

趣味はアサヒスーパードライ。特技はアサヒスーパードライ。


http://ameblo.jp/ikohei36/

■講師からのメッセージ

「ギター」と言ってもひとくくりに出来ないほどジャンルや奏法などが多様化している時代。レッスンはオールジャンル対応!
日々【生徒さんの弾きたいジャンルやリクエスト曲】を題材に基礎、運指、リズム、テクニック、楽譜の読み方などを織り交ぜながら楽しくレッスンを行っています。初心者は初心者にわかりやすいレッスンを、そして中級者以上には作曲やジャズ理論など、一人一人の要望とペースに合わせたレッスンを組み立てております!!譜面やスコアがない曲でもリクエストください。

お気軽に体験レッスンや見学などお申し込み・ご相談ください。

 
       
 
 

阿久津勇人:14歳の頃ギターをはじめ、当時住んでいた札幌にてバンドや セッションなどの演奏を経験する。その後、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学、道下和彦氏、梶原順氏に師事。

在学中は、道下氏が率いるギター5人編成のバンド「ベイギターズ」のメンバーに、布川俊樹氏、有田純弘氏、寺尾ナオ氏などのトッププロギタリストと共演す る。さらに国立音大の名門ビッグバンド、ニュータイドジャズオーケストラに参加。第40回山野ビッグバンドコンテストにてギターがフューチャーされる楽曲 で最優秀賞を受賞。同年、歌舞伎座にておこなわれた「銀座インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」に出演、渡辺貞夫氏と共演。

現在はジャズ、ポップスなど幅広いジャンルでの演奏、アレンジ、作曲などマルチに活動中。

http://ameblo.jp/hayagita330akt

■講師からのメッセージ

ギターをはじめ、楽器は一人でも始めることができます。 しかし他の楽器と一緒に演奏したりわからないことを聞ける仲間や先生がいることでより楽しく続けることができると思います。
ラッドミュージックスクールではジャンルや年齢を越えて生徒さん同士が仲良く、時には互いを高め合うような場面がいくつもあって単なる個人音楽教室を越えた素晴らしい集団である!と自信を持って言えます。 あなたも仲間になりませんか?

 
       
船橋 流山 松戸 我孫子 白井 野田 鎌ヶ谷 千葉 成田 東京 葛飾 江 戸川 北千住
 

小幡英司:

京都出身。
柴田厚、岡本博文、岩田美智夫、藤井貞泰各氏に師事し、演奏活動を経て1996年に渡米。

バークリー音楽大学でJon Damian、Hal Crook各氏等に学ぶ。
1999年同校卒業後、活動拠点をニューヨークへ移す。井上智氏に師事する傍ら、多数のアーティストと共演、レコーディングに参加しさまざまなジャンルにわたって活動する。アメリカツアー、日本ツアー共に数回に渡って行いNYのBlueNoteにも出演。

翻訳も手がけ、「ヒアリング・ザ・チェンジ」(Jerry Coker他著)「トーク・ジャズギター」(Roni Ben-Hur著)「モダンジャズギター」(Andre Bush著)がATNより出版されている。
2012年に帰国、京都で活動後2013年より千葉県に在住し演奏活動を行っています。

http://eijiobataguitar.blogspot.jp

■講師からのメッセージ

これから始めようと思っている方はもちろん、Fのコードが押さえられなくてやめちゃった、または 忙しくて弾かなくなっちゃった方、大歓迎です。
どなたでも楽しんで頂けるようにレッスンを進めます。短い時間での練習方法、楽器を使わない方法、また身体(心も)を痛めない方法などのお話もしますね。
ソロで弾くギターもいいですよ。

 
       
 
 

尾崎美奈:幼少期より14年間クラシックピアノを習う。ピアノとは関係なくビートルズを真剣に愛する風変りな小学生時代送る。

音大目指すも手の小ささで挫折。バイオリンに転向するが、趣味のサーフィン中、左手薬指の靭帯を損傷し挫折。リハビリ中にギターに出会う。
大学時代は軽音楽部に所属し、欧米のロックに傾倒。独自のスタイルでロックを追及。この時最もよくコピーしていたのは、レッドツェッペリン。ライブハウスでは、オリジナル曲を演奏。

そのままの勢いで山野楽器に就職し、Fender、Gibson、Guildなどの楽器の輸入業務に携わる。周囲の影響でクラプトンに傾倒。その後現在まで最も愛するギタリストとなる。ギター漬けの日々を満喫するも、数年後退社。
数年間ギター忘れるが現在の職場で軽音楽部に入部。紆余曲折、試行錯誤の中良き先生(猪越尚平氏)に出会い、多岐に渡るジャンルのギターの世界を学ぶ。その楽しさと奥深さを知り現在も勉強中。

■講師からのメッセージ

女性は手の小ささと非力さがギターを演奏する上でのネックになりがちですが、一緒に克服していきましょう♪ギターを弾く上でのはじめの一歩をお手伝いします!

 
       
 
 

大橋いさお:

幼年期、タイのバンコク滞在時にギターに興味を持ち始める。 帰国後、故芳志戸幹雄に出会いクラシックギターを師事する。

後年、米国バークリー音楽大学にてジャズと民族音楽を学び、 スペインとメキシコでスパニッシュギターの技術を修得する。 また世界各地でのフィールドワークから得た体験を反映させた オリジナル曲はTV(日本テレビ)や舞台音楽にも使用される。

初ソロ作「大橋いさお」には、ベテランべーシスト「岡沢章」 個性派パーカッショニスト「コスマス・カピッツァ」が参加、 同年にNHKラジオ「Session 505」や韓国国営放送に出演する。 ソロ二作目「メロディア・パラ・シゲ」には、世界的ドラマー 「神保彰」アジア最高峰のべーシスト「納浩一」等が参加する。 ソロ三作目、ギター独奏集「ギタルラ・スアベ」を発表する。 ソロ四作目、トリオ回帰作「メルティンポット」を発表する。 また、クラブジャズバンド「イミグランツ・ボッサ・バンド」 のメンバーとしても2010年より活動中、作品五枚を発表する。

http://isaoohashi.com/

■講師からのメッセージ

ギターはバッハ等のクラシックからポピュラー全般、そして異国情緒漂うボサノバやフラメンコ等まで楽しめる楽器です。ギター初心者はもちろん歓迎ですが、なにか新しいスタイルや奏法に挑戦したい中級以上の方もお待ちしています。