ホームスクールの特徴レッスンコース一覧入会・体験アクセスお問合せ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitter動画ページへ

楽器をお持ちでない方もレッスンに参加できます!無料体験レッスンはこちらから→

サックス教室
ギター教室
ドラム教室
ベース教室
キーボード ピアノ教室
ボーカル教室

ミュージッコバナシ

デモテープ

『リハーサル』

ライブやレコーディングの為に、スタジオに籠って練習に励む事。
これは、皆さんもご存知ですよね。

今回は、このリハーサルについて話を進めたいと思います!

今は、バンドリハーサルに対応する、街のスタジオ環境も非常に整っていますね!
我が街『柏』にも多数のリハスタがありますし、皆さんの中にも利用してる方が沢山いるかと思います!
ラッドミュージックスクールだと別館のセッションルームが、大人数のリハーサルに活用されています。

キーボード ピアノ柏

このリハスタ、多くの場合時間単位で料金が発生するので、なるべくなら一分一秒無駄にしたくないトコロ...。
そこで、リハーサル時の注意ポイントをいくつか挙げていきましょう!

まずは、スタジオに入ったら各自セッティングです。
持ち込みの機材を搬入、ドラムやキーボードは、ほぼ場所が固定されていますが、その配置を基本にギター、ベース、ヴォーカルの立ち位置を決めます。(アンプが移動出来る環境に限られますが...。)
狭いスタジオであれば、スペースを有効利用しましょう!
空きケース等、乱雑に放置しないよう注意ですョ!
位置が確定したら、それぞれ楽器のセッティングに移ります。
ドラムなら微妙な配置の調整。
他のパートは、アンプやPAからキッチリ自分の音が出ているかの確認。

ドラム、大体セッティングが整ったら、とりあえずいつものようにガンガン叩いておきたいトコロ!
イイでしょう!普段の感覚と今日のセッティングが合致しているか、事前確認は大切です。
ギター〜ベース、アンプもある程度大きな音を鳴らさないと、自分の音は作れません!
イイでしょう!気持ち良い音が出ているか、しっかり確認してください。
キーボードやヴォーカルもPAミキサー経由でしっかり音は出ましたか?
気分を盛り上げる為に、ヴォーカルリバーブのかかり具合も要チェックです。

と、メンバー全員がここまで準備出来たら、いよいよリハーサル本編に突入なのですが...。
ここで有りがちな事...、アマチュアバンドだと十中八九陥るカオス...

『爆音で個人練習をおっ始める、音の無秩序状態...。』

セッティング時、実はトラブル発生が結構あります。
アンプがおかしい... PAミキサーから音が出ない... シールド接触不良... レンタルで借りたキーボードの使い方がよく分からない...
こんな時、スタジオのお兄さんお姉さんに応援を頼みますが、爆音の中ではコミニュケーションもままなりません...(>_<)

そもそも、スタジオでのリハーサルは、セッションが目的であり、個人練習の場では無いと言う事を忘れないで下さい!!!
限られた時間を有効に利用する為に、セッティングが完了したら、音は鳴らさない!
個人的に確認したいフレーズ等は、会話を邪魔しない程度の小さな音で!
これ、結構大切な約束事です。

プロ現場のリハーサルスタジオ、演奏していない時は、意外と静かなモノなのです。

リハーサル
(とあるアーティストのリハーサルにて)

普段出せない爆音に身をゆだねる快感...と、言う意味では、もう一つ気を付ける事があります。 ドラマーが音量をセーブするのは、テクニックを要する事なので、難しいかも知れませんが、他の楽器陣は、容易くボリュームを上げ下げ出来ます。
ギター『あれっ...、チョット自分の音が聞こえねぇなぁ〜』と、ボリュームを上げる...。 ベース『ギターうるせ〜なぁ』と、ボリュームを上げる...。
爆音地獄行き...。負の連鎖です...。

人間の耳には限界があるので、ある程度まで爆音になると、もう音楽としては認知出来なくなってしまいます。
それに、楽器に比べてボリュームの調整が難しいヴォーカル...。
喉から血が出そうな勢いでガナっていますが、一番大事な『歌』皆さん聞こえています...?

リハーサルが進むに従い、テンションと共に音量も上がる事。
ある程度は、仕方が無いと思いますが...。
せめてスタート時は、ヴォーカルの音量に合わせて楽器の音量を決める!
これも重要なポイントです!!!

プロにも『自分大音量』の人がいるにはいますが、総じて、音楽的音量バランス感覚を持ち合わせた人が多いと思いますよ!

それから、なるべくリハーサルの演奏を記録しておく事。これも大事です!
音質が良いに越した事はありませんが、今ならスマホの無料アプリクラスでも全然OK!!
細かい変更箇所を後で確認出来ますし、何より客観的に自分達の演奏を聴く事は、バンドサウンド向上に欠かせない行為ですので

次回は、プロのリハーサル現場とは
そんな切り口で話を進めましょうかね〜〜!
皆さん、是非!実り多きスタジオリハーサルを!!!

プロフィール

阿部 雅宏 Abe Masahiro

二度のバンドメジャーデビューを経て、その後キーボーディストとして様々なライブに参加!
気付けば...、荒波に揉まれながら30年近く音楽活動を続けて来ました。

自らの体験を振り返りつつ、ミュージシャン冥利に尽きる素晴らしい瞬間や、血も凍るような緊張の場面など、色々なエピソードと共に、どーでもイイ話を綴って行きたいと思います。

あくまでも私個人の経験から...。
と、いうことにはなりますが...、ミュージシャンに対する皆さんの素朴な疑問にも可能な限り答えて行きますので、是非!!!

《近年の主なライブサポート》
阿部真央 植村花菜 陰陽座 川嶋あい サンプラザ中野クン&パッパラー河合 土屋アンナ back number 矢沢永吉

お問い合わせ

MusiCobanashi(ミュージッコバナシ)に対するご意見やご感想、また阿部雅宏さんに聞いてみたい音楽に関する素朴な疑問や質問などがございましたらお気軽にメール、メッセージをお寄せ下さい!

koba@radmusicschool.com

記事一覧

2014.11.04 プロミュージシャンって、何?
2014.12.01 デビューへの道
2015.01.01 そしてデビューへ!?
2015.01.09 【番外編】2014 - First Half
2015.01.16 【番外編】2014 - Second Half
2015.02.01 名刺はデモテープ♪
2015.03.01 リハーサルのコツ
2015.04.01 リハーサル(プロ編)
2015.05.02 スタッフ集合!?
2015.06.04 全都道府県制覇!?
2015.10.01 記憶力
2017.03.22 リズム
2015.12.08 【番外編】2015 - Z's前半
2016.11.28 【番外編】2015 - Z's後半

カテゴリー

ミュージシャン



Copyright (c) Rad Music School All rights reserved.