ホームスクールの特徴レッスンコース一覧入会・体験アクセスお問合せ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitter動画ページへ

楽器をお持ちでない方もレッスンに参加できます!無料体験レッスンはこちらから→

サックス教室
ギター教室
ドラム教室
ベース教室
キーボード ピアノ教室
ボーカル教室

ミュージッコバナシ

デモテープ

『デモテープ』

もはや、カセットテープが過去の遺物となって久しい昨今...。
すでに死語と言ってもイイかも知れませんが...。

我々世代にとって、コレは、様々な場面で名刺がわりとして、無くてはならない存在でした。

例えば、ライブハウスに出演交渉する際に。
コンテストやオーディションに応募する時に。
知り合いに自分達の音楽性を伝える為に。

今では、技術革新と共に、CDRだったりデータそのものだったりと、カタチは変わっていますが、音楽活動にとって欠かせない『デモ音源』について、今回は少し話を進めていきましょう!

前回までデビューの経緯をお話ししましたが、デビューが確定してからは、足繁くレコード会社に通い、ミーティングやら練習やらに明け暮れていました。
そこで目についたのは、色々な人のデスクに山積みされたデモテープ。
我々が優勝したコンテスト宛のデモテープ達は勿論ですが、それ以外にも持ち込みだったり、制作担当者が目に付けたアーティスト、バンドの音源だったりと...、とにかくハンパ無い数でした...。

Hikohki
(デビュー当時のシングル)

では、これだけの音源を限られたスタッフ人員で、しっかりと聴いているのでしょうか...
残念ながら、答えは否...。
レコード会社スタッフ曰く
『まず、音が出た瞬間にあまりにもヒドイ場合は、即ストップ...、終了。イントロがイケてれば歌い出しまで〜歌も良ければサビまで〜イイ曲だな!と思ったらフルコーラス〜で、他の曲も聴いてみたい!次曲へ!!』 と、デモ音源を全て聴いてもらう為には、いくつものハードルを越えなければならないのです。

まぁ、これは極端な例だとしても、多かれ少なかれこのような状況が予測されると言う事は、作り手は、このハードルをクリア出来るような音源作りを心掛けるべきだと言えますね!!

楽曲〜演奏〜歌。それら骨格の部分が、ある程度のクオリティに達しているのが前提ですが...。(演奏は、DTM等で何とか体裁は整えられるかも知れませんが、他は誤魔化しが効きませんので...^^;)
さて、それを、どう料理するか

まず、イントロダクション!
聴き手がまず最初に耳にする『音』

歌へとガッチリ導入出来る、素敵なアイデアが浮かべば何よりですが、結果『とりあえず』感の否めない、満足の行かないモノであれば、むしろイントロ無しとか、ワンコード『ジャーン!』の方が潔く、カッコイイかも知れませんね。

これは、作曲技法の話にも通じますが...。
聴き手に隙を与えないと言う意味では、メロディの花形である『サビ』を曲始まりからガツンとブチかます!
これも王道パターンですね。

2〜3曲以上、複数の楽曲デモを聴かせる場合...。
みなさん、もう想像出来ると思いますが、出し惜しみせず、一番の自信作を一曲目に入れるべきです。
作り手、ましてオリジナル曲であれば、曲順もある意味こだわりを持って並べたいトコロですが、残念ながら相手には、それほど思い入れはありませんからネ...。

これから先も度々話に出てくると思いますが、音楽と言うのは、『演者』と『聴き手』があって成立するモノ。
なので、自分の演奏や楽曲をいかに客観視出来るかどうかが、大切な要素となるわけです!

今回は、デモ音源についてのアドバイスでした。少しでも参考になれば嬉しいです!

では、また!!!

プロフィール

阿部 雅宏 Abe Masahiro

二度のバンドメジャーデビューを経て、その後キーボーディストとして様々なライブに参加!
気付けば...、荒波に揉まれながら30年近く音楽活動を続けて来ました。

自らの体験を振り返りつつ、ミュージシャン冥利に尽きる素晴らしい瞬間や、血も凍るような緊張の場面など、色々なエピソードと共に、どーでもイイ話を綴って行きたいと思います。

あくまでも私個人の経験から...。
と、いうことにはなりますが...、ミュージシャンに対する皆さんの素朴な疑問にも可能な限り答えて行きますので、是非!!!

《近年の主なライブサポート》
阿部真央 植村花菜 陰陽座 川嶋あい サンプラザ中野クン&パッパラー河合 土屋アンナ back number 矢沢永吉

お問い合わせ

MusiCobanashi(ミュージッコバナシ)に対するご意見やご感想、また阿部雅宏さんに聞いてみたい音楽に関する素朴な疑問や質問などがございましたらお気軽にメール、メッセージをお寄せ下さい!

koba@radmusicschool.com

記事一覧

2014.11.04 プロミュージシャンって、何?
2014.12.01 デビューへの道
2015.01.01 そしてデビューへ!?
2015.01.09 【番外編】2014 - First Half
2015.01.16 【番外編】2014 - Second Half
2015.02.01 名刺はデモテープ♪
2015.03.01 リハーサルのコツ
2015.04.01 リハーサル(プロ編)
2015.05.02 スタッフ集合!?
2015.06.04 全都道府県制覇!?
2015.10.01 記憶力
2017.03.22 リズム
2015.12.08 【番外編】2015 - Z's前半
2016.11.28 【番外編】2015 - Z's後半

カテゴリー

ミュージシャン



Copyright (c) Rad Music School All rights reserved.