ホームスクールの特徴レッスンコース一覧入会・体験アクセスお問合せ ラッドの今をCheck!
ラッドミュージックスクールのブログfacebooktwitter動画ページへ

楽器をお持ちでない方もレッスンに参加できます!無料体験レッスンはこちらから→

サックス教室
ギター教室
ドラム教室
ベース教室
キーボード ピアノ教室
ボーカル教室

ミュージッコバナシ

Z'sツアー後半

番外編 2015

番外編『Z'sツアー記 Part2』




=================
『お詫び』
本来であれば、二年前にアップ予定だったコラムなのですが...。
私の手違いで今頃の掲載となってしまいました...^^;
大変申し訳ありません。

重ねて、諸事情によりコラム更新が滞っておりますが、コチラも再開へ向け準備中ですので、今しばらくお待ちください...m(._.)m
=================


オーディションで選ばれたメンバーによる、矢沢永吉NEWバンド『Z's(ゼッツ)』
昨2014年、春始動!
BOSS春ツアーは、大都市でなく地方都市を中心に回るというコンセプト。

z's tour bus

ファーストツアーのリハーサル...。
それは、独特な雰囲気でした。
Z'sメンバーの三人、20代後半から30代半ば...。彼等にとって『矢沢永吉』は、どこか浮世離れした存在?!
レジェンドという認識は、ありつつも、その実感をイメージしづらい年代なのかも知れません...。

とはいえ、ヤザワオーラは相当なモノ。
Z's三人の緊張感もヒシヒシ伝わるリハ...^^;
Z'sメンバー以外、サポートの三人(ギター、キーボード、サックス)は、過去にBOSS現場体験済みなので、ある程度BOSSのヴィジョンが見えていますが、初参加のZ'sメンバーにとっては...。
どんなプレイをすればイイのか?!
BOSSが求めるライブとは?!
そんなことを試行錯誤しながらのリハだったと思います...。

z's tour bus

BOSSの素晴らしいトコロは、バンドメンバーが海外の凄腕ミュージシャンであろうと、オーディションで選ばれた若手であろうと、その要求に一切ブレが無いのです!
BOSSの中には、常にステージセンターに立つ『矢沢永吉』をイメージし、客観視するもう一人の『ヤザワ』が存在し、その視点から必要な演奏内容やステージングを導き出していく。これは、一貫しているのです!

なので、BOSS現場でミュージシャンに要求されるのは、単なる『巧さ』では無く、BOSSのヴィジョンを共有出来る感性。
『巧さ』のみを追求する場だったら、私、ココには居られませんから...^^;

z's tour japan

話を戻しますが...。
昨年のファーストツアー、本番もそれぞれ迷い、悩み、もがきながら最後まで何とか辿り着いた感が強かったのですが...。
今年、2015年ツアーは昨年の経験を踏まえ、上積みする感覚だったので、リラックスしつつ、それでいてアグレッシブなバンドに進化している手応えを実感!!!

ベテラン凄腕ミュージシャンに囲まれ、どっかりと腰を据えてステージに臨む『矢沢永吉』も勿論魅力的ですが...。
常にタイトロープを渡るような、ギリギリの精神状態でステージに上がる若きバンドメンバー。
そのメンバーを自らのエネルギーで牽引し鼓舞する『矢沢永吉』
こちらも圧倒的な存在感なのです!

バンドの技量だけを較べれば、甲乙は火を見るよりも明らかですが...。
ライブ、特に『ROCK BAND』にとっては、熱量が技量を凌駕する場面が多々あること。
それを再認識出来たツアーだったとも言えますネ!!

最後にBOSS現場ならではのエピソードを一つ!

ツアーが始まって数本目のこと。
当日のサウンドチェックで、ある曲を演奏中にBOSSが会場入り...、ステージ上でそのまま軽く歌い始め、程なくしてストップ!
『前から思ってたんだけど...。これ、キー高いよなぁ〜〜。チョット半音下げてみて!』 で、もう一度演奏...。
『コレだよ!コレ!じゃあ、今日から半音下げでヨロシク!!』と、楽屋へ戻って行かれました。

キー『G』から『F♯』へ...。
バンドメンバーの緊張感は否応なしに急上昇したのでした...(^^;;

Z'sメンバー

どんなタイミングであっても、絶えずより良きモノを追求する!
多少の不安があっても何とかするしかないのです( ̄^ ̄)ゞ
ステージスタッフも然り!

何故ならば...、BOSS自身が誰よりもその姿勢を貫き続けていることを、チーム全員が知っているからなのです!!!!!

プロフィール

阿部 雅宏 Abe Masahiro

二度のバンドメジャーデビューを経て、その後キーボーディストとして様々なライブに参加!
気付けば...、荒波に揉まれながら30年近く音楽活動を続けて来ました。

自らの体験を振り返りつつ、ミュージシャン冥利に尽きる素晴らしい瞬間や、血も凍るような緊張の場面など、色々なエピソードと共に、どーでもイイ話を綴って行きたいと思います。

あくまでも私個人の経験から...。
と、いうことにはなりますが...、ミュージシャンに対する皆さんの素朴な疑問にも可能な限り答えて行きますので、是非!!!

《近年の主なライブサポート》
阿部真央 植村花菜 陰陽座 川嶋あい サンプラザ中野クン&パッパラー河合 土屋アンナ back number 矢沢永吉

お問い合わせ

MusiCobanashi(ミュージッコバナシ)に対するご意見やご感想、また阿部雅宏さんに聞いてみたい音楽に関する素朴な疑問や質問などがございましたらお気軽にメール、メッセージをお寄せ下さい!

koba@radmusicschool.com

記事一覧

2014.11.04 プロミュージシャンって、何?
2014.12.01 デビューへの道
2015.01.01 そしてデビューへ!?
2015.01.09 【番外編】2014 - First Half
2015.01.16 【番外編】2014 - Second Half
2015.02.01 名刺はデモテープ♪
2015.03.01 リハーサルのコツ
2015.04.01 リハーサル(プロ編)
2015.05.02 スタッフ集合!?
2015.06.04 全都道府県制覇!?
2015.10.01 記憶力
2017.03.22 リズム
2015.12.08 【番外編】2015 - Z's前半
2016.11.28 【番外編】2015 - Z's後半

カテゴリー

番外編



Copyright (c) Rad Music School All rights reserved.